スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


卒部式兼送別会byまんぼー

今年で卒部される入江副部長と早坂理事今まで本当に青年部活動お疲れ様です。
移動去れる佐藤補助員いろんなイベントや地域の活動参加されていただき本当にありがとうございます。
4月2日にささやかながら東の現役部員と東の賛助の皆で卒部式兼送別会をしました。
初めての幹事だったのでかなりテンパっていました。
時間合わせに会場の選定、役割分担、部員への連絡や記念品の注文など色々とやりました。
一次会は、「次郎長」ですき焼きをしました。



少なくなったので野菜を入れました。



二次会は、予定より30分早く「焼や」へ直行しました。
こちらでは食べるより飲む人がかなりいました。
早くなったのが一次会の10リットルビールが無くなったためです。
今回集まった15人たちにとっても感謝しています。
本当にありがとうございます。
最後に解らないことに相談に乗ってくれた上木さん源さん三浦さんありがとうございますそしてお疲れ様です。

続・MNPしてきたよbyまんぼー

今回は、新しく買ったソニエリミニとEmobileの回線についてです。

まず、ソニエリミニですが小さくて軽いと広告されていますが持った感覚軽いと感じています。
今薄い機種が増え初めていますがこの機種は、逆に厚いのです。
余り個人的に機種の厚さは、選考基準となっていません。
今回は、三つの条件で機種を選びました。
最初にバッテリー交換出来るか?
次にストラップホールの有無
最後にディスプレイが有機ELであるかないかです。

最初の選択肢は、バッテリーが弱って持ちが悪くなった時内蔵式の機種なら気軽にバッテリーを交換する事が出来ません。
バッテリー交換が出来る機種ならバッテリー交換で延長して使う事が出来ます。


次は、ストラップホールについてEmobileの機種がほとんど海外製でホールの有無は、有れば良いが無ければ専用のカバーを捜さなければなりません。
こう見ると日本製の機種は、色々な面で良いと感じてしまいます。
個人的には、落下防止の為にストラップを付ける事が必要なのでこの項目をつけました。

最後に有機ELですが、ディスプレイが焼き付くなんて個人的にちょっと許せません。
確かにバッテリーの持ちが良くなると聞きますが長く使って行こうと考えているし自分の使い方を考えたら2年間持つか解りませんちょっと心配になります。
なのでなるべく有機ELの無い機種優先に選びました。
回避方法は、テザリングでノートパソコンやタブレットでネットや動画を代用したらよいって考えてしまいました。

ソニエリミニのワルい所も書いて置きます。
まず、バッテリー容量が1200mAしか無い所です。今のスマホのバッテリー容量の平均が1500mA以上だと考えたら少ない方の分類されます。
それから、ディスプレイのちらつきに付いては、前から色々な所で書かれていたので「仕様」なのでしょう。設定項目も無いしね。バックライトの強弱なら変更出来ます古い機種のXPERIAならバックライトの調節したら固定出来てちらつきずらかったのにアップデート去れないかな?



バックライトの強弱しか設定項目がありません。



普通のホーム画面の真ん中近くにある「pocket Wi-Fiウィジェット」ですが何回か使うとウィジェット自体が反応しなくなる不具合があります。
不具合が起こったら今まで使っていたウィジェットを一度消してもう一度同じウィジェットを置きます。
そしたら、何事もなかったように動き出します。


最後にEmobileの音声の回線についてです。比較は、同社のデータ回線(pocket Wi-Fi)です。個人的に何回かスピードテストをしました同じ下り7.2Mなのですが、前のデータ回線より速く快適と感じられます。
現金一括で購入した価値は、十二分有ります。ただ親会社が・・・



低い時もありますがあながち前らより悪い訳でもないので個人的とても満足しています。
やっぱり使っている機種が新古であるかなのか?まだ使って1ヶ月ちょっとですが今度新しく出るEmobileのLTEスマホに興味が有ります。ただ詳細なスペックや料金プランがまだ公表されてないので善し悪しの判断が出来ません。
下手したら二年先までLTE機種と無縁で3G一本で過ごすでしょう。
まだ発展途上のLTEやLTE搭載の機種より整備された3Gを使っている方が良いと考えています。3GとLTEがくつがえる日が来るならそれは、二年先でしょう。
今回は、ここまでです。

和寒町大新年会に行ってきたbyまんぼー


今年初めての上川管内の新年会に行ってきたました。毎年行っています。ここの新年会のスタイルは、食べ物は、有料(だいたいが100円~200円)で飲み物がチケットを持っている人は、ソフトドリンク無料です。アルコール(ビールなど)は、二杯まで飲めます。つまり新年会チケットは、抽選の引き換え半券とビール券×2となっていて一人で何枚ものチケットが持てます。持っていると抽選会の時に有利になりやすいと思います。


大新年会恒例の餅つきです。三人杵は、今も健在です。返しは、リーゼント部長がしていました。


餅つきで出来た餅を使ったお雑煮です。
つきたてなので柔らかくとても美味しいお雑煮です。限定の無料配布していました。


大新年会恒例のバンド演奏の1シーンです。
今回は、ゴールデンボンバーの「女々しくて」をノリノリで歌って振り付けもバッチリでした。
バンド演奏の後がみんな楽しみの抽選会です。
今回の一等は、現金つかみ取りです。一度引いた半券戻してからの抽選です。
制限時間は、10秒で一回だけ引き出せます。約13,000円分の硬貨を引き出しました。
個人的に現金つかみ取りも良かったけど名産の越冬キャベツが当たって欲しかった。

pocket Wi-Fi(D25HW)の更新月まであと一月半なんだか・・・byまんぼー

10月1日のあの発表があってから悩みに悩んでいることがあって・・・
12月にdocomoとEmobileの更新月でdocomoの音声の端末は、MNPが可能でEmobileのデータ端末は、MNPが不可能です。ただ使わない月は、ゼロ円するプランがEmobileにあります。にねん得割です。(1パケットでも使うとプラン通りの料金取られます。)
スマートプランデータセット割と言う割引制度がEmobileにありデータ端末と音声端末を同一名義で請求統合した時に適用されるサービスです。毎月利用料から千円引きになります。
なのでMNPでdocomoからEmobileへ移動することに決めました。
決めたのは、良いけど・・・12月色々有るのでなるべくお金は、使いたく無いのでデータ契約を寝かせてMNPしたスマホで通信をすることを予定しています。
なので12月の下旬までi-modeメールぐらいしか通信することが出来ません。(号泣)







上の画像は、これからEmobileに加入時使うと予定している端末です。名前は、ソニエリミニ S51SEです。

端末のスペックです

今月Emobileのサポートセンターに電話して色々聞いてみました。
結果は、データのゼロ円寝かせについて11月にまた電話してね、12月から適用しますよ。
音声端末については、お客さんクレカ無いのでベーシックのプランから選択して下さい。(ベーシック=端末の一括購入して選べるプラン)
上のS51SEの一括購入金額は、39,800円です。クレカアリなら購入サポートが付いて二年縛りでの購入金額が100円からあります。ただし月々の利用料にサポート代が加算されます。しかも二年縛りでEMnet加入で月額割とゆう割引制度が適用され最大1,515円割引されます。(ただし最大25ヵ月間)
一番良いのは、クレカ持ちで二年以上のデータ契約の回線持ちが一番得するようです。毎月最大2,515円ほど割引されます(月額割+スマートプランデータセット割)

まんぼーの予想される月々の料金を計算してみます。ベーシック+二年縛りでやってみます。
基本料4,280円+EMnet+315円+故障サポート315円+明細書157円-スマートプランデータセット割1,000円=4,067円
それにauの毎月の料金1,400プラスしても毎月5,600円ぐらいでおさまります。
ただし通話料は、無料通話などなく従量課金制です。30秒で18.9円ですがそんなにこのスマホで電話する予定があまり無いので通話系のオプションについては、考えていません。

正直言って初めてのスマートフォンを持つ気分です。今までは、Android端末からでなくpocket Wi-Fiを経由して通信していましたなのでpocket Wi-Fiが電源が入って通信出来る時だけしかTwitterやツイキャスなどリアルタイムの通知やアプリの通信ができませんでした。
リアルタイムに関して欠点があったけどそれが今度から克服されるのです。
Emobileのテザリングも大変魅力的です追加料金有りませんから。
端末(S4xシリーズから)もsimfreeでdocomoやソフバンのsimを認識します。simさえ差したら通話は、簡単です。しかし通信については、docomoやソフバンのAPN(アクセスポイントネーム)を設定しないと通信出来ません。auは、通信規格が違うのでsim差しても通話や通信をすることが出来ません。(docomoやソフバンやEmobileは、W-CDMAという規格でauがCDMA2000という規格なのです)
docomoの機種もsimfreeになります。条件を2つクリアしたら見事simfree端末になります。
まず2011年の夏以降の機種に限ります。
次にsimロック解除料3150円が必要です。
docomoのsimロックフリー機種によっは、Emobileシムでテザリングをすることが出来ます。
今のところもっと愛用者が多いと思われる機種は、F-12Cです。
一番最初にEmobileの周波数に対応したAndroid端末です。ただしEMnetメールが使えない不具合があります。
Emobileの周波数に対応したdocomoの機種があるけどsimロック解除しても何かしら使えない不具合があります。テザリングが使えなかったりEMnetメールだったりと・・・まぁ色々使ってみたい人なら全部使えた方がお得感あると思ってしまいます。
残念なお知らせですが今年のdocomoの秋冬にEmobileの周波数に対応のスマホがありません。(ガラケーならあり)
来年の春にちょっと期待したいと思います。
ちょっと大事ですけど今docomoは、ほとんどの端末がminisim対応なのでEmobilesimをカットしないと使えないのばかりです。Emobileのminisimは、唯一GS01で対応していますがほとんどのEmobile端末がUIMカード(標準サイズのsim)なのでsimカッターでカットしないと使えません。入手方法は、通販でsimカッターが有るので試してみて下さい。(自己責任で御願いします。)

今回は、以上です。 

続・時代なのかな?byまんぼー

買収されたEmobileについて・・・
簡単説明するとユーザー約数420万人の国内第4位の携帯電話会社でした。
今使える電波は、1.7GHz帯30MHz幅(15×2)で全国93%カバーしています。
LTEカバー率東名阪エリア約99%以上です。(東名阪:東京、名古屋、大阪圏のエリアのこと)全国に換算にしたらだいたい40~50%ぐらいですね。開始してまだ一年経っていません。

ユーザー数が少なく規制も緩く他社の三分の一でどんなに使っても当日の21時~翌日2時までです。過ぎればまた元通りの速度が復活します。
docomoのXiのスマホなら1GB使ったら速度規制です。直近三日間の合計が1GB以下になるまで速度規制が続きます。 あと月間7GB以上使うと速度規制か追加料金の二択になります。
しかしデフォなら速度規制になっているはずです。速度規制は、128Kbpsとなって実質動画が見られなくなります。
auのLTEは、月間7GBを越えたら128Kbpsになり直近三日制限は、1GBで制限らしい。 ほとんどdocomoといっしょですね。
ソフバン?シラネッス。GGってね♪
でもね?これって送受信で7GBなのか受信7GBなのかわからないのよね?
どこのサイトもただ単に「パケット通信」とだけ、128K通信になって初めて「送受信」って言葉が出てくる。不思議ですね?
下は、他社の規制のまとめとLTEの簡易説明です。

LTEと規制など

Emobileの悲劇は、UMTS band1(2GHz帯)を持ってなかった事と複数の電波を持ってなかった事です。 
まずUMTSとは、3G(第三世代携帯電話)の規格(w-cdma)と考えて良い。そしてband1とは、電波の周波数帯と考えて良い。このband1が世界の3Gのコア&スタンダードなのですが・・・今日本では、docomoとauとソフバンの三社に与えられてる電波です。
当時Emobileが新規参入時三社に均等に割り振られており新規参入分のband1が無いのです。総務省のミスですね。
今売られているsimfreeの携帯電話やスマートフォンならほぼ必ずband1が対応されております。そしてプラチナバンド(1GHz以下の周波数帯)として800/850/900MHz(band6/5/8)辺りが対応していますが・・・今日本を見てみると・・・800MHz帯は、auが使って850MHz帯は、docomoが使って900MHz帯は、ソフバンが今年獲得して・・・まぁ上の三社強いね(棒)
今のスマートフォンは、海外対応としてGSMが使えますが、国々で使える周波数帯が違っています。GSMのクワッドバンドとして850/900/1800/1900が今のスマートフォンに搭載されておりこれで海外でも通話が出来るのです。
GSM850:アメリカなど
GSM900:ヨーロッパやアジアなど
GSM1800:ヨーロッパやアジアなど
GSM1900:アメリカなど
もともとGSM規格は、900MHzからスタートし、周波数枠を広げるために、 ついで1800MHzが使われた。南北アメリカは、周波数割り当てが異なったため、これらの地域では、1900MHz、850MHzでGSMが使われる。byウィキペディア
まだ世界では、GSM(第二世代携帯電話)が主流からの技術です。
GSMが終わる頃LTEが主流になるでしょう。今使っている基地局も年を重ねるつれて安くより良いモノになっていきます。そして旧式のLTE基地局などがそのGSMを使っている国に中古品として売られて行いくと考えています。
なんか夢があるなぁ~

Emobileが新規参入時に割り振られたbandは、UMTS band9(1.7GHz帯)で3Gで運用ている国は、世界で1ヶ国で2つの会社だけです。その会社は、Emobileとdocomoだけです。(ただしdocomoは、東名阪限定)
世界で1.7GHz帯は、有るのかと言われると世代が下がって第二世代のGSMにならあります。ただし表記が変わって1.8GHzと表記されます。
Emobileにとって幸か不幸か今使っている周波数帯がLTEのコアバンドのLTE band3に変化3Gの時は、不遇だったのがLTEになっていっきに国際バンドに早変わり。
LTEって実は、3.9世代なんだぜ。豆知識だけどね♪



この写真が2012年の1月頃の各社の周波数帯です。Emobileの不遇がわかる一枚です。
今年の2月にソフバンにらを900MHzが決まって700MHzは、900が取れなかった三社に均等に分けられました。
プラチナバンドも持っていなかった事も少なくともEmobileにとって良くなかった事でしょう。900の時にプラチナバンドが取れていたらもっと早くにソフバンが買収しに来ていたと予想出来ます。

なんかムカムカしてきたので終わりにします。 私事ですが、12月1日からデータ通信が出来なくなります。復旧は、12月下旬を想定しています。
なぜか?について後で詳しく?書きたい思っています。
プロフィール

MATSURIBAKA

Author:MATSURIBAKA
あさひかわ商工会青年部

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
地域情報
1454位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
北海道
139位
アクセスランキングを見る>>
カウンター
カテゴリ
RSSリンクの表示
ブログリンク集
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。